2016年製作 サスペンス

アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物 ネタバレ感想・考察 恐怖映画?

投稿日:2019年9月5日 更新日:

https://movie727.com

スポンサーリンク

● 映画 アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

 

◆ アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物 予告編 動画

 

 

◆ 映画 アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物 のあらすじ

 

イラン・イラク戦争(1980年~1988年)の激化しているテヘラン。

 

あるマンションにシデは夫イラジと5歳の娘ドルサと暮らしている。

窓から見ると遠くで時折、爆炎が見えるが

3人の生活は変わることなく続いているんです。

 

そんなある日、夫イラジに戦線への招集命令が出ます。

医師であるイラジは戦線へ行かなければ医師免許をはく奪されます。

 

 

イラジが出征した後、母娘2人の生活が始まります。

 

戦争が激化する中、ドルサの様子がおかしいのです。

シデはドルサに色々聞きますが、「何か」がいる、というんです。

 

でもシデは娘の妄想だと判断します。

しかし禍々しい異変が続発してきます。

 

シデも異変を感じてきましたよ。

この後、シデとドルサの「何か」との戦いが始まりますが・・・。

 

 

スポンサーリンク

◆ 映画 アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物 のネタバレ感想

 

この映画は、中東ホラーです。あまり怖くないですよ。

怖がりの方でも安心して観れます。私も結構面白く見ました。

 

始まりはイランの首都テヘランで暮らすシデと夫で医師のイラジ、

5歳の娘ドルサの3人家族の日常から始まります。

 

シデは医学生として大学に入っていたんですが、

イラン革命が勃発し、休学していました。

 

革命騒動は終わったが、イラン・イラク戦争が始まります。

 

徐々に激化していく中で、シデはもう一度、

医者になる、という願いが強まってきます。

大学に復学を要請するため担当の先生と面談します。

 

 

だが革命時に政治活動をしていた、という理由で復学は拒否されます。

挫折感で一杯のシデは夫と些細な事でぶつかります。

 

夕食時に夫イラジに招集命令が出たことを本人から聞かされます。

 

この命令は断れないんですね。

断ると医師免許のはく奪なんです。

 

 

あくる朝、シデはテレビの前で、エアロビをやっています。

そこへ戦地に赴く夫が来ます。

 

それを無視してエアロビを続けるシデ。

夫は一度立ち止まりますが、そのまま何も言わず出ていきます。

 

 

シデと娘ドルサの母娘2人の生活が始まったのです。

 

そのころ近所の人たちの話で、

テヘランは空襲を受けるとシデは聞かされます。

 

まもなく空襲警報が鳴り響く中、

住居のマンションに一発のミサイルが落ちてきました。

 

幸運なことに、それは不発弾でした。

 

屋上の屋根を突き破り最上階の部屋の床に

ぶつかった状態で止まっています。

 

 

翌日にはそのミサイルは撤去されましたが、

シデたちの部屋の天井は大きくひび割れが生じています。

 

ミサイルが落ちてきたのは、真上の部屋だったんです。

それから少しずつ小さな異変が起き始めるんです。

 

 

シデにとって、夫イラジが戦地へ行ってしまった不安があります。

それと同時に医師として求められているという現実。

自分は医学への道を閉ざされたという事実。

 

そんなことで復学を拒絶された日に、

大学で使っていた医学の本をただ一冊を除いて、

全部処分をしているんです。

 

残した一冊は医大へ入学した時に

母からプレゼントされた生理学の医学書です。

それは引き出しにしまって鍵をかけています。

 

 

それらのことでシデは精神が不安定になっています。

 

ミサイルが落ちてきた日より少し前に地下で出会った

孤児の少年メフディがドルサに「ジン」がミサイルと共に来る。

と言って「ジン」から守ってくれる魔法の猫の毛を

ドーサはもらっていました。

 

 

そんなことは全然知らなかったシデは

魔法の猫の毛を捨ててしまってるんです。

 

この辺りからホラーの香りが・・・。

 

娘のドルサが何かしゃべっている様なので、

その部屋へ様子を見にシデ。

ドルサは女の人と喋っていた、と言いますが、誰もいません。

 

 

そんなことが続きます。

 

シデはドルサを連れて医者に診てもらいに行きます。

医者は脳が作り出した妄想だと言います。

シデはドルサを信じず、医者の言葉を信じます。

 

 

だから彼女はドルサに誰もいないし、

妄想であると言い聞かせます。

ドルサは納得していません。

 

またドルサには大事なお友達がいるんです。

キミアと名付けている女の子の人形です。

片時も離しません。

 

母親はエアロビにはまり、娘は人形キミア。

 

 

どちらも気色悪いぐらい本人たちは取り付かれてる、というレベルです。

 

この後、娘と母親の葛藤が始まってしまいます。

母親はヒステリックに娘に喚き散らします。

娘はそんな母親に絶大に反発します。

 

「ジン」の狙い通りになっていくんです。

 

 

まさにそれを狙っているんです。

 

ある日シデはついにそれを目撃してしまいます。

「ジン」の存在を信じるようになってきたのです。

 

 

それ以来「ジン」はあからさまに2人を攻撃し始めます。

 

マンションの住人が少しづつ疎開して減っていきます。

いよいよ「ジン」と母娘2人の戦いです。

 

シデはドルサを守れるのか、そして自分への攻撃を防げるのか。

 

 

ここからがいよいよクライマックスです。

母娘に入りかけた亀裂はどうなる?・・・。

 

本当に面白いですよ。

ぜひ中東のホラーを観てください。

 

スポンサーリンク

◆ 映画 アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物 の考察

 

日本ではイランの庶民の生活、特に1980年頃の

テヘランでの暮らしなんて全く分からないですよね。

 

だからシデがテレビにかけたビデオでエアロビを

真剣に取り組んでる姿を見てびっくりしました。

 

 

あの戒律の厳しいイスラム国家であるのに。

 

そしてエアロビビデオのタイトルにジェーン・フォンダと

書いてある事に再びびっくりです。

 

 

まさか中東のホラー映画にジェーン・フォンダのエアロビビデオ。

有りえねーって思った人は、他にもいるんじゃないですかね。

 

映画の中で「ジン」が出てくる場面ですが、

中東地域で昔から言い伝えで残っているようですね。

 

ドルサの可愛がっている人形のキミアがいなくなって、

2人で必死に探しても見つからない。

 

シデが生理学の医学書をしまっている引き出しを解錠し

開けて観ると医学書は見つからず、代わりにキミアがいました。

手足頭がバラバラになっていましたが。

 

 

それを丁寧に元の状態にしてドルサに手渡しています。

 

また階段の下で「ジン」に攻撃されて逃げる際に

ドルサを先に階段から上へ向かわせます。

 

続いた自分が階段横で床が突然泥状になり、

足が床の中へ引き込まれていくんです。

 

娘が階段から母親に手を伸ばします。

母もそちらへ手を伸ばします。

 



スポンサーリンク

 

なかなか届かないもどかしさ。

やっと母娘の手が繋がって力いっぱい引き上げる娘。

この瞬間亀裂の入っていた母娘が元以上に繋がったと思います。

 

 

でも最後に車で脱出した二人ですが、

後部座席に置いてある人形キミアには首がありません。

 

 

それはあの階段の途中に落ちています。

 

 

また母親の無くなっていた生理学の医学書が

あの最上階の床で風に吹かれていました。

 

 

「ジン」はいるんです。

まだきっとあそこにいるんですよ。

 

 

この記事の関連する言葉

 

・イラン・イラク戦争

 

・イラン

 

・テヘラン

 

・イラク

 

・イスラム教

 

・ジェーン・フォンダ

 

スポンサーリンク

◆ 私の評価

 

Movie: 4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

 

 

 

◆ 作品情報

 

□ タイトル

・アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

 

□ ジャンル

・サスペンス

 

□ 製作年

・2016年

 

□ 制作国

・イギリス、ヨルダン、カタール、イラク

 

□ 収録時間

・84分

 

□ 音声仕様

・ペルシャ語 / 日

 

□ 監督

・ババク・アンヴァリ

 


スポンサーリンク

 

□ キャスト

 

シデ:ナルジェ・ラシディ

 


 

ドルサ:アヴィン・マンシャディ

 


 

イラジ:ボビー・ナデリ

 


 

エブラヒミ:レイ・ハラティアン

 


 

レザ博士:アラシュ・マランディ

 

広告
スポンサーリンク

Copyright© サスペンス映画 この映画をすぐに観たくなるネタバレ感想と考察 , 2019 All Rights Reserved.