映画 白い沈黙 少女誘拐サスペンスその感想・評価・考察 あらすじ
広告

● 映画 白い沈黙 少女誘拐その結末までの父親は?

 

◆ 映画 白い沈黙 予告編 動画

 

 

◆ 映画 白い沈黙 あらすじ

 

カナダの雪深い地方の町。

ごく普通の幸せな父(マシュー)と9歳の娘(キャス)。

 

 

父親が2~3分車から降りている間に

車に残っていた娘キャスが居なくなる。

 

父親マシューが辺りを探し回るが発見できない。

誘拐されたのだ。

 

妻のティナはマシューを一方的に責める。

 

 

マシューは警察に行き事情を説明するのだが、

警察はマシューを犯人扱いにする。

 

怒ったマシューは一人で調査を始める。

だが手掛かりは全くなし。

 

 

警察の捜査も何の進展もなしに、

8年が無為に過ぎてしまった。

 

だがここにきて、キャスの生存を暗示するかのように

小さな証拠が現れ始める。

 

マシューは娘との再会に新たな希望を見出して行動を起こすのだが・・・。

 

◆ 映画 白い沈黙 のネタバレ感想

 

なかなか面白い少女誘拐サスペンス映画です。

 

時系列が入り乱れてちょっと混乱することが

有るかも知れませんが、物語が進んでいく内に

なんとなく時系列も理解できてきます。

 

この表現法はその時点ごとの両親の精神状態の混乱を

表しているのではないでしょうか。

 

 

9歳の娘が誘拐されて、父親の必死の調査も手掛かりが全くなし。

 

犯人からも何の連絡もない状態だ。

 

警察も初めから父親を疑っている。

 

母親は父親を責める一方なんです。

父親はそれにも耐えて、黙々と調査を続けるのみなのです。

 

でも8年が過ぎてしまった。

 

 

この映画はこの辺りまで時系列が交錯しています。

 

娘が誘拐された時を現在として進めているかと思えば、

いきなり8年後の状態が普通の状態で出てきます。

 

でも父親の警察への反発を見ていると、

8年前は物凄く体全体で反発していたのが、

 

8年後には、だいぶん収まって

話し合いはできる状態になっています。

 

 

この映画の面白いところは、誘拐された娘が

監禁されている部屋での生活ぶりが

普通に出てくるところですね。

 

 

殺害されている訳でもなく、

虐待されているわけでもなく、

ピアノを弾き語りで歌っています。

 

自分の作った(作っている最中の)歌です。

 

 

この映画のテーマが重く、

背景も冬のカナダの雪深い地方の町。

 

毎日のように雪が降り続き、空も鉛色です。

 

そして母親は重苦しく塞いだ表情で、泣いてばかり。

父親は起業した商売が余り上手くいってないんです。

 

 

そんな暗い雰囲気が画面から伝わってくるんです。

 

でも誘拐されている娘の部屋での暮らしぶりが画面に出てくると、

なんとなくホッとしてしまいます。

 

何故かすごく性格の良い娘に育っているんですね。

 

 

でも今一つなぜ犯人は、8年間もの間、

親に何のコンタクトも取らなかったのか。

 

また、娘を監禁している部屋は大掛かりなセキュリティもしていて、

母親が勤務しているホテルの担当フロアの

全部の部屋に隠しカメラを設置していて、

母親の現況が一目瞭然に分かる様になっている。

 

誘拐されているはずの娘は毎日、

母親が働いている映像をリアルタイムで、

自分のパソコンモニターで見ることができるんです。

 

 

少女誘拐サスペンスでこのような状況があり得るのでしょうか。

全く面白いですね。

 

また、少女誘拐ものに付き物の、エロ、グロは一切ありません。

 

それがこの映画を見終わった後に残る感覚を、

良いものにしていると感じます。

 

 

面白い映画でした。

 

最後に、誘拐された9歳の時に大好きで通っていた

 

 

アイススケート場のリンクにやってきます。

 

8年ぶりに氷上に立って少し滑り始めたキャスの

なんとも言えない笑顔が素敵です。

 

 

私も微笑んでいました。

 

どうぞ皆さんもこの場面をぜひ見てください。

面白い映画でした。

◆ 映画 白い沈黙 を見た。その考察。

 

感想でも書きましたが、少女誘拐サスペンス映画は、

誘拐された少女が遺体で発見されたり、

凌辱を受けたり、拷問されたり、

というエロ、グロ物がたくさんあります。

 

でもこのサスペンス映画はそのようなものは、一切ないんです。

 

 

そのあたりも、見終わった後の感覚を救ってくれています。

 

娘が誘拐されたその母親は、

娘についていたはずの父親を物凄く責め続けます。

 

父親は警察に疑われて、

その警察は親身な捜査をやっていないように思えるんですね。

 

 

妻から責められ、警察には疑われ、

この父親は全く持って救われません。

 

でも愛娘を取り戻すべく仕事にも頑張って、

時間を作っては、自分で調査をしているんです。

 

全く頭が下がる思いで見ていましたよ。

 

こんなに父親に愛されている娘は幸せですね。

 

 

だから誘拐されている時も、心のどこかで

繋がっていたのではないでしょうか。

 

 

ただ映画のラストでも直接の犯人とのやり取りは有るんですが、

その背後にはもっと大きな悪の闇があると思います。

 

 

そのあたりが全然描かれてないのが残念です。

 

だが映画は面白かったです。

 

 

◆ 私の評価

 

Movie: 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

 

◆ 作品情報

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ タイトル[/st-marumozi-big]

・白い沈黙

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ ジャンル[/st-marumozi-big]

・サスペンス

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ 製作年[/st-marumozi-big]

・2014年

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ 制作国[/st-marumozi-big]

・カナダ

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ 収録時間[/st-marumozi-big]

・112分

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ 音声仕様[/st-marumozi-big]

・英 / 日

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ 監督[/st-marumozi-big]

・アトム・エゴヤン

 

[st-marumozi-big fontawesome="" bgcolor="#99ffff" color="#212121" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]□ キャスト[/st-marumozi-big]

 

マシュー:ライアン・レイノルズ

 


 

ニコール:ロザリオ・ドーソン

 


 

キャス:アレクシア・ファスト

 


 

ミカ:ケヴィン・デュランド

 


 

ティナ:ミレイユ・イーノス

 

スポンサーリンク1
おすすめの記事