2018年製作 サスペンス

映画:ミスター・ガラス:スーパーヒーローは妄想か?その感想・考察

投稿日:2019年7月10日 更新日:

https://movie727.com

スポンサーリンク

● 映画:ミスター・ガラス スーパーヒーローは実在しない?

 

◆ 映画:ミスター・ガラス 予告編 動画

 

 

◆ 映画:ミスター・ガラス のあらすじ

 

「アンブレイカブル」の続編。

 

「アンブレイカブル」では131人もの犠牲者を出した

悲惨な列車事故が起きる。

 

その中で、たった一人かすり傷も受けず生き残った男デヴィッド・ダン。

それから19年後の物語です。

 

このデヴィッドを含め3人の男たちが集められ、ある施設に監禁される。

 

この3人にはそれぞれ特殊なスーパーパワーを持っているということだ。

そしてこの3人とも自分が人間を超える超人だと信じている。

 

それに対し、ある組織とそこの精神科医は全て

本人の妄想だと証明するための研究を始めた。

 

 

スポンサーリンク

◆ 映画:ミスター・ガラス のネタバレ感想

 

なかなか面白いです。スーパーヒーローは実在するのか。

それをコミックタッチで描いていますね。

 

3人の男たちが持っているそれぞれの特殊な能力を

彼ら本人は強く信じています。

 

デヴィッド・ダンは彼以外全員が死んでしまった

19年前の列車事故から無傷で生還した。

 

ダンが過去を振り返ってみるに、今まで一度として

病気もケガもしていないことに気付きます。

 

そういう経験を通して自分には強靭な肉体と

スーパーパワーを持っていると信じています。

 

 

それには全く対極の男が、ミスター・ガラスなんですね。

彼は生まれながらにして極度に骨がもろく、

過去に94回もの骨折を経験していて、

車いすでの生活を余儀なくされています。

 

そんな彼は凄すぎるコミック信者なんです。

そしてこの世界にコミック・ヒーローの様な

不死身の身体のスーパーヒーローが、必ずいると強く信じています。

 

そんな彼は、列車事故から無事生還したダンを、

そのスーパーヒーローだと確信しているのです。

 

 

3人目の男ケヴィンは24もの人格を持つ多重人格者です。

その中の一人の人格がビーストなんです。

 

そのビーストが超人的なパワーを持っているんですね。

散弾銃の銃弾を喰らってもなんのその、全くひるまず、

鉄格子の太い鉄棒も捻じ曲げてしまいます。

 

 

そんな3人の男たちがある特殊な病院に収容というべきか、

監禁されてしまうんです。

 

そこで女性精神科医師のステイブル博士は、

それぞれのスーパーパワーは自分たちの妄想だと強く洗脳していきます。

 

 

こんな中でミスター・ガラスを演じる

サミュエル・L・ジャクソンが相変わらず良い味を出していますね。

何かに取り付かれているが、静かにひたすら静かに時を待ち、

そして一発逆転の瞬間を狙いすまして作り上げていく。

 

それも誰にも察知されることなく、

最後に彼の計画(計略)が見事にはまってゆきます。

 

サミュエル・L・ジャクソンは色んな役柄をこなしている俳優さんですね。

 

 

次に24もの人格を持つケヴィン役のジェームズ・マカボイ。

いやーほんとに見事に色んな人格設定をこなしていますね。

 

穏やかな人格を持つケヴィンはケイシーという彼女がいます。

 

そのケイシーと会っているときの、すごく穏やかな表情、

身体の筋肉一つ一つにまで穏やかな表情になっていますよ。

 

 

また怪物ビーストになった時の鬼の表情、

身体は金剛力士像のように筋肉が盛りあがってきて、

筋肉一つ一つから狂気を感じてしまいました。

 

また、ひょうきんな人格から女性の様な役まで。面白いですね。

 

 

3人目のダン役のブルース・ウィリスは

相変わらずのマイペースな演技ですね。

 

そうなんです、いつものブルース・ウィリスに出会えますよ。

 

私はブルース・ウィリスが好きで、

彼の出ている映画は評価は関係なしに何でも見ています。

 

最後の最後にミスター・ガラスが企てた結果が映像で流れてきて

なんかほっとした気持ちになりました。

 

なかなか面白いです。

 

 

スポンサーリンク

◆ 映画:ミスター・ガラス を見た考察

 

2000年に制作された「アンブレイカブル」の続編なんですが、

それを見ている人なら登場人物に、そうそうこんな人いたよね、

と思いながら見れますよ。

 

また、見ていない人も全然違和感なくこの「ミスター・ガラス」の世界に

入っていけるんじゃないかと思います。

 

多重人格者を演じる俳優さんにとっても感じ入っています。

 

また相変わらず、口数の少ないブルース・ウィリス。

口数が少ないというか、無口というか、

ブルース・ウィリスってこんな色した役者さんですよね。

 

アメリカン・コミックの世界を映像化すると

こんな感じになるのかな、と思ってみちゃいますね。

 

最後の最後までしっかり見ると、少し気持ちがさわやかになります。

 

ミスター・ガラスはここまで考えて計画を実行したんだと、

改めて思いました。

 

 

スポンサーリンク

◆ 私の評価

 

Movie: 3 out of 5 stars (3 / 5)

 

 

◆ 作品情報

 

□ タイトル

・ミスター・ガラス

 

□ ジャンル

・サスペンス

 

□ 製作年

・2018年

 

□ 制作国

・アメリカ

 

□ 収録時間

・129分

 

□ 収録時間

・英 / 日

 

□ 監督

・M・ナイト・シャマラン

 

□ キャスト

 

デヴィッド・ダン / “監視人(オーバーシーヤー)”:ブルース・ウィリス

 


 

イライジャ・プライス / ミスター・ガラス:サミュエル・L・ジャクソン

 


 

ケイシー・クック:アニャ・テイラー=ジョイ

 


 

エリー・ステイプル医師:サラ・ポールソン

 


 

ジョセフ・ダン:スペンサー・トリート・クラーク

 


 

イライジャの母:シャーレイン・ウッダード

 


 

ピアース:ルーク・カービー

 


 

ダリル:アダム・デヴィッド・トンプソン

 


 

ジャイ:M・ナイト・シャマラン

 

広告
スポンサーリンク

Copyright© サスペンス映画 この映画をすぐに観たくなるネタバレ感想と考察 , 2019 All Rights Reserved.