2018年製作 サスペンス

映画 キューブ・ホワイト 怖いサスペンス・スリラーこの映画は反戦映画?

投稿日:2019年7月7日 更新日:

https://movie727.com

スポンサーリンク

● キューブ・ホワイト 前半と後半はかなり印象が違う

 

◆ 映画 キューブ・ホワイト 予告編 動画

 

 

◆ 映画 キューブ・ホワイト のあらすじ

 

女が倒れている。気を失っているようだ。

やがて意識が回復してくる。そして周りを見る。

 

そこは真っ白な立方体の部屋。

なぜ自分がそこにいるのかまるで分らない。

 

 

だが少しずつ死の仕掛けが襲って来るのだ。絶叫に次ぐ絶叫。

 

女を問い詰める謎の声。生きてその部屋を出られるのだろうか。

 

しかしそれはこの物語の本筋ではないのだ。

 

その女より5日前には男が同じその部屋の閉じ込められて

死の仕掛けと戦っていたのだ。

 

結末はどうなっていくのか。

 

スポンサーリンク

◆ 映画 キューブ・ホワイト ネタバレ感想

 

はじめはまあこんな物だよな、と思いながら見ていたんですよ。

でも途中から私が思っていたストーリーとは違ってくるんです。

 

イギリス政府軍と反政府軍との戦いなんです。

面白いですよ。

 

映画の始まりはいつものキューブ映画と同じような感じです。

 

気を失っている女がいて、やがて意識が戻り自分が

真っ白な立方体の部屋に閉じ込められていると、気付くんです。

 

ドアがない部屋。もう不気味さが漂っています。

 

この部屋にはいろんな危険な仕掛けが有るんですよ。

それを一つずつ味わっていきます。

 

 

でもこんなもの味わいたくないですよね。

 

でもそのまま進むんではないんですよ、この映画は。

 

実はその5日前には男がその部屋に閉じ込められていたんですよ。

 

そして女の時とは別の危険な仕掛けが色々あるんですよ。

 

まあ結構グロい場面も有ります。

私が一番グロいなあと感じた場面は

別の女が自分の手の薬指と小指を食いちぎり、

有ろうことかそれを食い始めるんです。

 

おいおい、そこまでやらなくっても良いんじゃないの~。

と突っ込んでおきましたよ。

 

そして話が進むにつれ少しずつ分かってくることが有るんですね。

そこはイギリス政府の施設で、強い兵士を作る薬品を開発しているんです。

 

 

そして女を閉じ込めていた立方体の白い部屋の目的は、

判断料を奪うことだったんです。

 

そらねえ、突然室温が33℃で湿度目一杯上げて、

かと思うと今度はマイナス15℃の世界。

 

天井からは塩酸が滴り落ちてくる、床には電流が流されて、

そうかと思うとガスが充満してくる。

 

そんなんでまともな状態でいられる訳がないっしょ。

 

でもね、途中からその立方体の部屋の中よりも、

外の方で色んな事が起こってくるんですよ。

 

 

ここからこの研究所の責任者である女性のエレノア・クライスラー博士と、

周りの助手や男の研究者との間で、葛藤が始まっちゃうんですね。

 

それまでにも幾分その兆候があったんですけどね。

 

そんなところへ反政府軍が・・・。

 

この物語のバックには、腐敗したイギリス政府軍と、

国民がみんな平等に豊かに暮らすことを目的とした

反政府軍との戦いが有るんですね。

 

反政府軍を率いている将軍は、昔兄弟二人でイギリスに

移民としてやってきてるんですね。

 

最後にこの将軍の言葉が、なんか心に突き刺さってきましたよ。

 

 

反政府軍の将軍の言葉

 

"気付かないうちに、この国は寛大さを失ったようだ。

以前は、偉大な国だった"

 

 

"この国に、以前の輝きを取り戻す戦争なら、戦って死ぬ価値がある。

少なくとも、みんなそう信じている。

戦いが終わった時に、残るのは勝者ではない、生存者だけだ"

 

この言葉がこの映画の格調を上げているんだなあ、と思っちゃいました。

見て損はない映画ですよ。

 

スポンサーリンク

◆ 映画 キューブ・ホワイト の考察

 

なんか今のイギリスをかなり皮肉っぽく表しているなあと、感じました。

 

18世紀から19世紀にかけて偉大な産業革命を起こし、蒸気船や、鉄道を発明し

蒸気機関の汽車、いわゆる蒸気機関車を作り出して、世界に広めた国が

今や時速200Kmの列車も自国で作れず、大量に日本に発注していますよね。

 

もし産業革命に興味があればこの下にリンクを貼っておきます
ウィキペディアです。

 

この映画 キューブ・ホワイトを見終わった後、

何故かそんなことを思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

◆ 私の評価

 

Movie: 3 out of 5 stars (3 / 5)

 

◆ 作品情報

 

□ タイトル

・キューブ・ホワイト

 

□ ジャンル

・サスペンス

 

□ 製作年

・2018年

 

□ 制作国

・イギリス

 

□ 収録時間

・89分

 

□ 音声仕様

・英 / 日

 

□ 監督

・ポール・ラシッド

 

□ キャスト

 

エレノア・クライスラー博士:ショーナ・マクドナルド

 


 

ダラン/ザカリアン将軍:オデッド・フェール

 


 

エドガー博士:ニコラス・ファレル

 


 

ルース:アムリタ・アチャリア

 


 

サンドラ博士:シャロン・モーン

広告
スポンサーリンク

Copyright© サスペンス映画 この映画をすぐに観たくなるネタバレ感想と考察 , 2019 All Rights Reserved.